立て替えもできる!自己破産時の弁護士費用

自己破産をするには条件がある

毎月の借金をどのように返済していくか悩んでいる人は多くいますが、中でも借金が収入を上回っている場合には返済の目処も立ちませんので自己破産を考えることもあるでしょう。しかし、自己破産を行うにはある程度の条件があります。例えばその借金が何故できたのかということです。何らかのトラブルでやむを得ずできた借金であればあまり問題ありませんが、ギャンブルや異性関係などが原因であれば自己破産の申請をしてもほとんど通りません。こうした条件があることには申請前に注意が必要です。

自己破産の壁となる弁護士費用

いざ自己破産を行おうとしてもその方法が分からないという人がほとんどでしょう。人生で何度も行うことではないので当然ではありますが、最初に思い付く方法は弁護士に依頼するということではないでしょうか。依頼すると弁護士が全て代行してくれるというメリットがありますが、それには20~30万円程度の費用が必要になります。この費用が壁になり依頼を断念してしまう人も多いでしょう。しかし、法テラスを利用することで立て替えてもらえますし分割して少しずつ返済していくことも可能です。借金が増えるということを懸念する人もいますが、返済に困っている借金は自己破産で無くなりますので弁護士費用のみの返済になります。そうすると返済が可能というケースもあるのではないでしょうか。

自分で自己破産手続きは行える

分割での弁護士費用の支払いもできるかどうか分からないという場合、自己破産は弁護士でなくとも申請が可能です。その際、やはり手順が分からなかったり書類関係で悩みが多かったりと申請までが非常に困難に感じられますが、法テラスでは申請の手助けもしてくれますので利用してみると良いでしょう。

自己破産とは借りたお金が返せなくなり、いったん法的にチャラにする制度の事です。弁護士に依頼して処理してもらいます。