法律家は資格で制限があり、依頼人を最後まで見捨てないのは弁護士だけ!

他の法律家では対応できるトラブルが限定的

行政書士や司法書士など様々な法律家がいますが、法律家の中で最強なのは弁護士です。法律家は依頼人がいて成り立つ仕事、弁護士が最強な理由は依頼される範囲が最も広く、依頼人に準じた活動が行えるからです。分かり易く説明すれば、行政書士は本人に代わって官公署に提出する書類の代筆を行うことしか出来ず、司法書士も行政書士同様に代書屋と呼ばれており、主は本人に代わり書類の代筆、法務大臣の認定を受けた認定司法書士であっても本人に代わり務めることができるのは簡裁訴訟の関係業務に限られます。

本人に代わって最後まで戦える法律家は弁護士のみ

法律家の中で最強の弁護士は、行政書士や司法書士のような制限は極一部、依頼人が行う活動を代わって担うことが出来ます。近年は、払い過ぎた利息を債権者から取り戻す過払い金請求のCMをテレビ等で見聞する機会が多いですが、法律家であればこの請求に関わることが可能です。とは言っても法律家には資格によって制限が設けられており、行政書士は返還請求の書類を代筆するだけ、債権者との話し合いは依頼人が行なわなくてはなりません。司法書士も原則的には代筆止まり、しかし1件140万円を超えない請求事件であれば、認定司法書士に限っては債権者と話し合いなどの交渉が可能です。法律家の中で最強の弁護士は、民事事件であろうが刑事事件であろうが、債権額が数百億円になろうが依頼人に代わって弁護活動を行えます。弁護士以外の法律家では、簡易裁判所以外の裁判所では活動が出来ないため、上告されたらお手上げです。途中で依頼を投げ出す事なく、最後まで本人に代わり戦える唯一の法律家は、弁護士だけです。

弁護士保険は、多くの場合、傷害保険や火災保険、そして自動車保険などでの特約として販売されています。対象の事故や傷害などの被害に遭ったとき、弁護士に依頼する場合にはその費用が支払われます。