お金を効果的にふやすために必要な知識を学ぼう

組み合わせれば早く目標が達成できる

「資産運用」とは、お金の価値を生かして活用すること。銀行の普通預金に貯金するだけでも利息がつき、お金は運用されていることになります。けれども、現状では、0.001%(2017年現在、大手都市銀行の場合)と、とても低金利です。もっと効果的に運用するには、株式や債権、外貨投資などがあります。いずれも元本割れの可能性をともないますが、基本的な知識を身につけて資産を運用すれば、お金が増えるスピードがアップする可能性が大きくなります。

いろいろな運用の方法

(株式投資)株を売買することによって利益を得る投資の方法。長期保存をして、配当金や株式優待をもらうこともできます。ひとつの株にまとまったお金を投資するのでリスクが高めですが、大きな利益を得られる可能性があるのが魅力。(債権)国や会社が発行する債権を購入して、利益を得る投資方法。発行元の財務状況が健全で満期まで保有していれば元金よりお金が減ることがなく、手堅く増やせます。長期運用で着実な利益を得たいときにおすすめ。(投資信託)大勢の投資家から集めたお金を運用の専門家がまとめて運用し、得られる利益を分け合う方法。1万円程度から購入できる、投資先を分散できるといったメリットがありますが、手数料が高い場合があるので注意が必要です。(外貨投資)日本円を外国の通貨に両替して運用する方法。金利の高い外貨で運用し、為替の動きを利用することによって利益を生み出します。商品は外貨預金から投資信託、債券投資まで、さまざま。このように資産運用には、それぞれにメリットやデメリットがあります。ひとつだけでなく、いろいろ組み合わせて運用するなど、自分に合った方法を見つけることが大切です。

原油の先物では、世界情勢をはじめとした幅広い情報を積極的に収集することで、よりスムーズな取引を行えます。