多くの選択肢があって、どれにしようか迷いますね?

個人型確定拠出年金制度(iDeCo)はどう?

制度変更により2017年1月から、企業型年金加入者や公務員等も個人型年金に加入できるようになりました。メリットの一つとして、毎月の掛け金(保険料)が全額所得控除されることが挙げられます。これにより節税効果が発生します。この節税効果は年収が高い人ほど有利になります。高額所得者には良い制度ですね。

小額投資非課税制度(NISA)はどう?

制度変更により、非課税投資枠、投資可能期間、非課税期間、非課税対象が緩和され、以前より活用し易くなっています。普通の口座の場合、投資で得た利益(配当金、売却益)に約20%の税金が掛かりますが、NISAの場合、非課税になります。投資を行う人にとっては大きなメリットですね。

マンション投資はどう?

一般に株式投資や外国為替証拠金取引(FX)より、安定的で長期的と言われています。ただし元本保証はされていませんので、元本保証(定期預金等)のあるものよりもリスクは発生します。マンション経営に関する各種セミナー、ノウハウ本も多く、勉強する機会は多くあり、個人の力量によって成果が変動しますね。

何に注意して資産運用をしますか?

色々な資産運用の方法があります。ネット上では多くの情報で氾濫しています。基本的には資産運用の成果は自己責任になるので、情報は鵜呑みにせず、しっかり内容を比較(メリット、デメリット)して、自分にあった資産運用を選びましょう。判断に迷う場合には、専門家(ファイナンシャルプランナー、銀行等)に相談することも重要なことです。適切なアドバイスが得られるかもしれません。

ガソリンの先物の価格は、国際経済や中東地域の情勢などに左右されやすいため、常に最新の情報を仕入れることが大切です。