税理士ってどんなことをするの?税理士のお仕事のいろいろ

税理士は税金の専門家です

税金にはいろいろな種類があり複雑です。所得税や法人税や消費税や贈与税や固定資産税や事業税といった様々な税金があり、それは法律によって定められています。こうした税金を国民は納める義務があり、この納税をサポートするのが税理士のお仕事です。

税理士ってどこで勤めているの?

税理士になるには、税理士試験に合格するか、税務署に一定期間勤務することが必要になります。そして、税理士資格を得た税理士は、大きく分けて二つの選択肢があります。一つは、独立して税理士事務所を立ち上げることです。もう一つは、税理士事務所に勤務して勤務税理士としてお仕事をすることです。いずれにしろ税理士事務所でお仕事をしていることが多いです。

税理士のお仕事は具体的にはどんなものが?

税理士のお仕事の一つ目としては、税務代理という業務があります。これは、納税者の代理人として税金の申告を行う業務です。次に、税務書類作成業務があります。これは、税務署に提出する書類の濁世業務です。最後に税務相談業務があります。これは、2月から3月にかけてある確定申告時期に相談に応じたりする等の業務です。

確定申告で税理士が身近に?

毎年、確定申告というものがあります。これは、一年間の収入や経費などの支出をもとに税金を正確に計算することです。これは、難しいこともありますので、税務署にて税理士が相談に乗ってくれるところもあります。このような機会を活用することにより、税理士を身近に感じることにもなるでしょう。

税理士は経営者の味方?

税理士は、経営者にとっても良い相談役になります。税務面での手続き代理のみならず、経営の専門家として企業経営のサポートも行います。会社の決算等に関わることにより、会社の収支がよくわかるからです。

葛飾区の税理士は、専門的な知識を活かしながら幅広い相談に対応しているため、疑問点などがある場合には気軽に相談できます。