自分に合った場所を選ぶためのフリースクール探し

不登校の生徒をサポートする施設

フリースクールとは、何らかの理由で学校に通えなくなった子供をサポートするための施設です。サポート校やフリースペースという名称で呼ばれることもあります。非常に様々な年齢層の子どもが利用しており、中には大学生で不登校になった人もいます。

そもそも、学校に行かないことは悪いことではありません。一昔前の日本では不登校が犯罪のように言われることも多く、学校に行かないことは怠けであり、我儘であるという風潮が当たり前でした。最近になってようやく不登校は学校に「行けない」のだ、ということが広まり、フリースクールなどのサポートが注目されるようになってきています。

何を基準に選べばいいのか

フリースクールと一口に言っても、その種類は様々です。学校への復帰を目指すスクールもありますが、多くは居場所作りを目的としたものです。勉強やスポーツ、社会貢献を通じて子供たちが学校以外に居場所を作れるようにサポートしています。また急に出歩くことが難しい子供のために自宅訪問するタイプのものや、親元から離れて共同生活を送るタイプのものもあります。

フリースクールの利用を考えているなら、子供本人に合う場所を選ぶことが大切です。フリースクールの目的は傷付いた心をケアし、再び自信を取り戻すことにあります。そのため親が先走ってしまうと、かえって子供を追いこんでしまうことにも繋がります。親としては早く学校に復帰してほしい、と思っていても、決して押し付けず、子供とじっくり話し合って一緒に探すことが大切です。

不登校など学校に関する悩みを抱えているなら、フリースクールに相談する方法がおすすめです。丁寧なカウンセリングが好評です。