自分の時間を取ることが出来る単位制高校とは?

単位制高校ってどんな学校?

単位制高校は近年注目を集めているタイプの高校になりますが、どのようなタイプの高校になるのでしょうか。

その名の通り単位制の高校で、大学のようなイメージになります。

単位制高校の多くは通信制になっていて、週に1度程度のスクーリングを受ける他はレポートを提出し試験を受けて単位を取得するという形です。

単位制高校のメリット

単位制高校のメリットにはどのようなものがあるかというと、通信制になっていることが多いのでいわゆる全日制の高校などと比較して自由にできる時間が多いということが挙げられるでしょう。

この自由な時間にアルバイトをすることも出来ますし、趣味に没頭するということも可能なので自分の時間が多く取れます。

スクーリングも週末に行われることが多いので、社会人の方で高校卒業の資格を取得したいという場合でも、働きながら高校卒業することが出来るので社会人の方でも通いやすいのがメリットとなるでしょう。

単位制高校のデメリット

単位制高校にはメリットもありますが、当然デメリットも存在します。

では単位制高校のデメリットにはどのようなものがあるのかですが、何と言っても強い意志を持って学習しなければならないということです。

スクーリングの数は少ないのでレポートなどの作成などがメインになるのですが、これは自宅などで行うものになります。

全日制のように通っていれば授業の時間があるというものではなく、自分で勉強の時間を取らなければならないので怠けないようにしないといけないということです。

単位制高校は学年制とは異なり設定されている必要な単位数を習得すれば卒業できる制度の高等学校のことです。一般的に全ての単位が必修では無く、生徒が自由に好きな科目を選び修得することができます。