準備期間があまりない場合等の相続税対策を一部紹介します!

相続税って無視はできるの?

相続税は、一定期間の間に申告や納付を行わなかった場合には様々なペナルティも課される法律であり、定められた金額が超過した場合、誰しもが避けては通れない税金となります。この一定以上の財産を受け継いだ方々全てに適用される事となる相続税は、事前の様々な努力によって、その税額を減少させることが可能です。今回は、その減額方法の一部を紹介していきます。

時間がないときは相続時精算課税制度の適用を

お父さんやお母さん等の親族が病気を患ってしまい、あと数年のみしか生きられない場合等において、効果的な相続税対策となるのが、「相続時精算課税制度」です。この法律は適用を行った方について「総額2500万円までの贈与が非課税」を行うことが可能となる法律です。贈与による年間110万円までの非課税枠と異なり、一括で行えることが魅力ですが、この法律の適用を行うと、以後暦年贈与の適用は行えず、全て相続時精算課税による贈与と見なされ2500万円を超過した金額は一律で20%の税率が課される事となるので注意が必要です。またこの制度には適用要件も存在し、贈与者が60歳以上、受贈者が20歳以上であることが条件となります。

様々なアドバイスの提供を受けよう!

このように相続税に減額を行おうとすると様々な方法が適用可能であるということがわかります。しかしどの方法が一番効果的なのかは個人個人の財産状況で変化するので、知識を有している方しかわからないことが多いのも事実です。ですので、相続税の対策を行うのなら、その道のエキスパートである税理士さん等に相談し、様々なアドバイスの提供を受けながら対策を練るのが一番であると言えるのです。

相続税の税理士へ相談することで、今後の相続税対策が明確になり、プロの方へ依頼することで安心した手続きができます。